平成16年度 粟島地区敬老会報告
10月30日、恒例の粟島地区の敬老会が開催されました。
当日は朝からにわか雨のぱらつく曇り空でしたが、
各自治会長さんはじめ、たくさんの方々の力をお借りして
会場が準備され、昼頃には天候も回復し、会場の武道館は
満員の盛況でした。来賓をお迎えして、プログラムは大正琴の
演奏でスタートしました。
今年のプログラムは二部構成で、第一部は大正琴の演奏、
童謡コンサート、中学生マンドリン演奏、曽根さん
(粟島駐在さん)のギター演奏、
第二部は 日本舞踊・カラオケ・演芸等盛りだくさんで、
食事をしながらいっしょに歌ったり 手拍子をしたり、
笑ったりで 会場は皆さんの元気がいっぱいでした。
最後を抽選でしめて、本年の敬老会は盛況の内に閉幕しました。
今年は詫間町のご協力で、音響・照明設備をマリンウエーブから
お借りする事が出来、舞台もより華やかに演出できました。
ご参加戴いた皆さん、本当にお疲れさまでした。来年に向けて、
皆様の健やかでご健康な日々をお祈りいたします。
主催責任者の小西さんは
打ち合わせから会場準備、
出演まで大活躍
本当にお疲れさまでした。
たくさんのご来賓を
お迎えし、会場は満席でした。

ー敬老会第一部ー
童謡コンサートには大阪からピアニストの
横田さんがボランティアで駆けつけてくれました。
第一部は大正琴の演奏で始まりました。
曽根さんは懐かしい童謡の
演奏をしてくださいました。
中学生は、マンドリンアンサンブルで2曲演奏しました。