粟島海洋記念館のご紹介(1)
船で粟島に渡ると、真っ先に目に入るのが
左の写真の風景です。
粟島のシンボル・ランドマーク、
粟島海洋記念館の建物です。
このページでは、粟島の象徴・船員の学校の
歴史をご紹介させていただきます。
航海学校「古の写真集」
 航海学校時代の古い写真集です。

粟島航海学校概要
     
(新修・詫間町誌より要約抜粋)

粟島は江戸時代から海運業の盛んな島で、島民の多くがこれによって生計を立ててきました。
しかし、時代とともに、船舶の形式が 北前船が洋式帆船に、さらには汽船へと急激に
変化しました。その上サイズも大型化し、しかも運行は国内航路のみであったのが外国にまで
航路が延長され、それまでの北前船の操船のように、多年の経験だけでは不充分となり、
国も国家試験による海技免許制度を導入することとなりました。
粟島在住の中野寅三郎は、海技免状を得る学術と技能を習得する学校の設置が島の発展の
基と考えて、明治30年同志とともに村立粟島海員補習学校を設立しました。
日本で最初の海員養成校の誕生です。
↑美しく手入れの行き届いた中庭
↑歴史を刻んだ講堂

粟島航海学校沿革
1.創立  明治30年5月1日開校

2.沿革
1)創立当時は村立とし、航海課生徒のみを収容し、粟島海員補習学校と称する。
2)明治31年4月  香川県三豊郡各町村組合立に変更。
3)明治32年7月  三豊郡立に移管 香川県粟島航海学校と改称する。
4)明治32年9月  機関課を設置する。
5)明治39年4月  香川県に移管、香川県立粟島航海学校と改称する。
6)昭和15年7月  文部省に移管、粟島商船学校と改称する。
7)昭和17年1月  逓信省移管。
8)昭和18年11月 運輸省移管。
9)昭和21年3月  廃校
香川県立粟島航海学校「古の写真集」