粟島離島留学制度は残念ながら、平成17年3月末日をもって、中止となりました。
時を同じくして粟島小学校も休校、平成18年度には粟島中学校も休校となりました。子供の声が消えた島は、燈が消えたようです。
このページも閉じようかと思いましたが、山村・離島などの留学制度を志す方が
何かの参考にしていただければと考えて残す事と致しました。
本当に残念です。
粟島留学制度とは?(目的)

この制度は、栗島への留学を希望する児童・生徒を家族ごと受け入れると
ともに、近隣市町からの通学生も受け入れ,海に囲まれた豊かな自然と
人情あふれる生活環境のなかで、地域の人達との交流と少人数教育による
一人一人を大切にする教育により豊かなこころを育むとともに、
島の子どもたちは、従来の限定された交友関係の範囲を拡大することに
よって、自己の向上心を育むという相互作用によって粟島の小・中学校の
教育環境を高めることを目的としています。
私は留学できるの?(募集対象)

(1) 粟島留学制度の目的を理解して、粟島の小・中学校への就学を、希望する児童・
   生徒に限ります。
(2) 募集世帯は,小・中学生家庭6世帯です。
   留学生とは別に,自宅から通学できる児童・生徒も受け入れ可能です。
留学するにはどんな条件があるの?(要件)

1) 留学児童・生徒は、保護者(父母、祖父母)またはそれにかわる者と粟島で同居
すること。
(2) 留学の受入れ決定は、児童・生徒及び保護者との面接により決定します。
   ※入学希望者の体験入学は3月中に行います。
(3) 申込みの際、関係書頬の提出を求める場合があります。
(4) 留学期間は4月1日から翌年3月31日までの1年間としますが、希望により更新
することができます.
(5) 通学生は,小・中学校への通学が可能なこととします。