食べられる粟島の野草(1)
自然に共感するには、味わってみるのが一番。
普段口にするチャンスがなく味わったことがない
食べられる野草や木の実が、粟島にはたくさんあります。
それらの植物は美味しいだけでなく、健康のためにも
良いものばかりです。
あなたも 粟島でぜひ 自然を味わい、
健康になってください。
↑ツルナ(ハマジシャ)の群生

○ツルナ(蔓菜)
 日本名:蕃杏、浜萵苣(ハマジシャ)、浜菜,磯萵苣 
 ツルナ科 原産地:日本、中国、オーストラリア、南アメリカ

特長・・・ツルナは、海岸の砂地に自生する野草で,
   全体が肉質で無毛、淡緑色で高さが60センチくらいになり、
   地をはって蔓(つる)状になって生長するため、
   ツルナと名付けられた多年草草本(そうほん)です。

   英語名では、ニュージーランドほうれんそうといって、これは
   イギリスの探検家キャプテン・クックがニュージーランドへ
   探検に出かけたときに、ニュージーランドの海岸で発見し、
   イギリスに持ち帰って栽培するようになって、その名で
   呼ばれるようになったそうです。
   わが国では 江戸時代から栽培され、芽先を摘んでも直ぐに
   次の芽が出てくる重宝な野菜として知られていました。

ツルナ
       収穫は初夏から晩秋までで、若芽や若葉を摘んで利用します。
       葉や茎を煎じてお茶代わりに飲むと胃炎に効くと云われています。
 
調理法・・・・ツルナの旬は夏の終わりから秋にかけて,肉厚の葉や茎を摘み取って食用に
       します。
       風味はホウレンソウに似ていて、特に若葉は柔らかく癖がないので
       調理しやすく、食べやすい風味です。
       熱湯で茹でて水にさらし、汁物の実やお浸し,和え物にします。
       オリーブオイルで炒めて、塩コショウをぱらりと振りかけても、
       美味しくいただけます。
       特にビタミンA効力を持つカロチンと鉄が豊富に含まれています。
       ビタミンC、カルシウムも多く含まれています。
       胃潰瘍(いかいよう)、胃酸過多(いさんかた)、胃腸カタルに
       効き目があるとされ、1日量10〜15グラムを水0.3リットルで煎じて、
       約半量まで煮つめて食間に服用すると効能があります。

チガヤ
○チガヤ(茅萱)
 イネ科の多年草、チガヤ属。高さ30〜60センチメートル。
 春〜初夏に白い毛のある小さい花を穂のように多数付けます。
 若い花穂を「茅花(つばな)」と呼び、この穂はほのかな
 甘味があり食べられます。
 端午の節句の「粽(ちまき)」は、もともとは お餅に
 茅萱の葉っぱを巻いたものだそうです。
 穂は乾かして 火をおこす火口(ほくち)に用いました。
粟島では若い穂を「つばめ」と呼び、子どもたちは野遊びの時に、ほのかに甘く
しっとりとした穂を食べたものです。
根は漢方で白茅根(はくぼうこん)といい、消炎・利尿・浄血剤などに使われます。

若山牧水の茅萱の歌をご紹介しましょう。「つばめを」と共に味わってください。

秋のとんぼ  作詞者 若山牧水

茅萱(ちがや)のうへに ほろほろと 
きいろい 胡桃(くるみ)の葉が落ちる
 
茅萱の陰から ゆめのよに 
赤いとんぼが まあいたつ
 
とんぼ可愛や 夕日のさした 
  胡桃の幹に 行つてとまる