島空間を豊で自由な表現空間へ
松田悦子さんの試み(2)
松田さんの農園は一寸変わっています。
一見無造作に植物が植えられています。
コスモスの群生の横に野菜が植えられて
います。
その間にブイブイ人形がいて、その横に
古い農具が転がっています。
果樹も植わっています。・・・
そうなのです。ここは畑ではなく、野菜も
花も木も自由に育つ松田ワールドの
メルヘンガーデンなのです。
あぜ道は散策路になっているのです。

たばこの乾燥室だった納屋は 天井が高く、
乾燥していて涼しく快適です。
松田さんはこの建物をくつろぎのギャラリーに
しています。予約を入れておけば、「茶がゆ」を
いただくことも出来ます。
ただしこの茶がゆは「気まぐれ茶がゆ」ですので、
必ずいただけるとは限りません。
床几に腰掛けてのんびり景色を楽しんでください。
レトロなギャラリー内部。
土壁が落ち着いた雰囲気で、さりげなく
展示されている作品が、くっきりと
浮かびます。
空気感、自然、すべてが本物の中にある
このぎゃらりーは、出展者にとっては、
この上ないぜいたくなギャラリーでしょう。この日もイタリアの作家の作品が
展示されていました。

ギャラリーの周囲からが始まって、
自宅の周囲、畑の中まで、
いたる所に粟島の古い生活家具、
農具、漁具等がコレクションされて
います。
それらはいかにも落ち着く場所に
落ち着いているようで、
展示されている感じは
全くありません。
松田さんの粟島の民俗博物館は、
粟島の自然と、生活感と共
にありました。

松田悦子さんの空間表現で象徴されるように、
粟島のパブリックアートは、あくまでも粟島の
歴史と、自然と生活のバランスの中で生み出されて
います。
結果として子どもからお年寄りまでが、あるときは
道端の休憩場所の傍らで、ある時は遊び場で、
日常生活のなかで、親しくふれ合う作品ばかり
でした。しかし、これらの作品は末長く島人や、
島を訪れた人々の記憶に残るに違いありません。アートを志す皆さん、ぜひ粟島に来て、
粟島のインスピレーションでクリエイトしてみて
ください。粟島はクリエイター大歓迎です。
↑松田さんの家の裏は京の浜海岸です。